数字に強くなるドッツカードの効果的な使い方をご存じでしょうか。
子供が成長して学ぶことになる算数や数学の土台になるのは、数字です。
ですから、数字に強くなるようなドッツカードの使い方をマスターしたいですよね。
そこで、どのように使うことが効果的なのか、ポイントを2つに絞ってご説明しましょう。

ドッツカードの丸印を見せて、数の概念をインプット

数字に強くなるドッツカードの効果的な使い方とは、まず、ドッツカードの表面に描かれた丸印側を使うことです。
子供に丸印側を見せて、親がその数を言います。
これを3回ほど繰り返しますが、1セットにつき5枚くらいのカードで始めると良いでしょう。

このようなドッツカードの使い方をすることによって、子供は目と耳で数の概念を身につけていくのです。
つまり、丸印が1つだけの時に「イチ」=1と言われることで、1がどれくらいの数なのか、あるいは量なのかを理解するようになります。

ドッツカードの数字を見せて、数を表す数字をインプット

数字に強くなるドッツカードの効果的な使い方とは、上記のような数の概念を理解できた後にする活動のことです。
つまり、丸印が描かれた表側と、裏側に書かれた数字を、フラッシュさせながら子供に見せます。
これも、1セットにつき5枚くらいで始めて、3回ほど繰り返しましょう。

このようなドッツカードの使い方をすることにより、子供は目で、数を表す数字そのものを理解できるようになります。
つまり、1や2といった各数字が、どれくらいの数・量を指したものなのかを認識していくのです。

まとめ

数字に強くなるドッツカードの効果的な使い方については、このように2段階で進めると良いですね。
ドッツカードの表側と裏側をうまく利用して、子供が覚えやすい使い方を試してみるのはいかがでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。