幼児の早期教育は脳に良い効果があるのでしょうか。
これは、単純な知識偏重による意味として捉えると、大きな勘違いを生むかもしれません。
つまり、早期教育が脳に良い効果を与えるというのは、親と子の関係性の面から幼児の心や気持ちに良い影響があるかどうか点に注目する必要があるのです。

親子の一体感を感じられることが大切

幼児の早期教育が脳に良い効果をもたらすには、親子の一体感を感じられるような学習が望ましいのではないでしょうか。
未就園児や未就学児にとっては、まだまだ親との触れ合いが何よりも大切な時期だからです。
幼児が学習する際には、親が側にいて共に学びの時間とする学習方法が良いですね。

その一例として挙げられるのが、七田式教育なのかもしれません。
七田式教育では、親と子が共に取り組む学習活動や親と子が共に成長できる学習活動を行っているのです。
まさに、幼児の早期教育で脳に良い効果をもたらすことが期待できます。

子供を褒めて愛する親の態度が大切

幼児の早期教育が脳に良い効果を与えるためには、親の子供を褒める対応や愛する姿勢を見せることが大切ではないでしょうか。
幼児のような幼い頃に体験すべき、親に自分を肯定されたという褒められた記憶や愛された記憶というのが重要なのです。

より良い成長を遂げる過程において、時に苦難に見舞われることもあるでしょう。
しかし、そんな時にこそ成長の途上にある子供に前向きな力を与えるのは、幼児期の親から褒められたり愛されたりした思い出なのです。
だからこそ、七田式教育の理念は、幼児の早期教育に合っており、脳に良い効果を与えることが期待できるのです。

まとめ

幼児の早期教育が脳に良い効果をもたらすためには、2つの点に注目することが必要です。
1つは、親子の一体感を感じられることであり、もう1つは、子供を褒めて愛する親の態度です。
そのような理念と学習システムが構築されているのが、七田式教育ではないでしょうか。

幼児が安心して学習に取り組めるように、親子の一体感や親の子供を褒めて愛する態度を大切にしたいですよね。
ですから、早期教育による脳への良い効果を期待するならば、七田式教育も念頭に置いてみませんか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。