幼児期からの早期教育については、あまりにも早すぎて弊害があるのではないかという不安の声も聞かれます。
具体的には、どのような弊害があると考えられているのか、まずはそれを押さえる必要があるかもしれません。
その上で、幼児にとってより良い形で早期教育を始めることができると良いですね。

幼児の心に過度なストレスを与えるのでは?

幼児期といえば、未就園・未就学の時期を過ごす子供達のことを指しますよね。
そのような時期には、幼児が親との様々な触れ合いを通して、心にたくさんの栄養を蓄えるものです。
それは、自分をあるがままに認めてもらえる喜びや、あるがままに愛してもらえる充実感ではないでしょうか。

そのため、幼児期の早期教育は、学習システムや内容によっては、幼児に背伸びしすぎの頑張りや緊張感を強いることになるという弊害が考えられます。
ですから、幼児にとってのより良い早期教育は、このような弊害を起こして幼児の心に過度なストレスを与えない七田式のような教育が大切なのです。

幼児期から知識偏重の学習に抵抗がある

幼児期は、親と共に様々な外界からの刺激を受けて成長していくものです。
その刺激とは、幼児の好奇心をより良い形で生かし、時には、遊びを通して育もうとするものなのです。
そんなひとときを幼い頃の体験として過ごすことが、幼児期には必要ではないでしょうか。

ですから、幼児期の早期教育で知識偏重タイプの学習システムや内容を取り入れることは、幼児の成長に弊害をもたらしかねません。
そのため、幼児にとってのより良い早期教育とは、そのような弊害のない、幼児の好奇心を生かして遊びを通した七田式のような教育が大切なのです。

まとめ

幼児期からの早期教育は、幼児の心に過度のストレスを与えたり知識偏重になったりする弊害に気をつけたいものです。
ですから、七田式教育のように、幼児の心をリラックスさせ、子供の好奇心を満たすような遊び感覚で学べる教育のあり方に注目したいですね。
幼児に早期教育の機会を与えるのなら、気をつけたい弊害が生じにくい七田式教育も参考になるかもしれません。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。