早期教育について

幼児におすすめのひらがな練習方法

更新日:

幼児におすすめのひらがな練習方法には、どのようなものがあるのでしょうか。
よく、小学校入学前までに自分の名前はひらがなで読み書きできるようになっていると良いと言われますよね。
では、未就学の幼児に対して、どのような練習方法がおすすめなのでしょうか。

ひらがなをフラッシュカード方式で練習する

幼児といっても未就園児と未就学児とでは発達段階に違いがありますよね。
ですから、まず、未就園児の頃にひらがなを練習するのであれば、読めるようになることが一番ではないでしょうか。
そのために、活用したいのが、七田式の『ひらがなカタカナカード』を使った方法です。

これは、フラッシュカード方式による練習によって、幼児の右脳に働きかけます。
表にひらがな、裏にカタカナも表記されているので、発音を聞きながら読み方を効率よく学べるのです。

ひらがなをリズミカルに書いて練習する

ひらがなの読みをマスターした幼児は、次第に書く練習をしたいという気持ちに駆られます。
そんな気持ちをスムーズに叶えるために活用したいのが、七田式の『ひらがなリズムがきプリント』ではないでしょうか。
リズムの良い書き順指示によって、楽しく書く練習をすることができるのです。

親子でリズムの良い書き順指示を口ずさむことで、幼児のやる気もアップするでしょう。
そうすることで、自発的にひらがなを書く練習に取り組む姿勢も養えるのです。

まとめ

幼児がひらがなを読み書きする練習には、如何にしてやる気を引き出し、楽しく学ぶ時間を作れるかどうかが大切です。
そのためには、七田式の『ひらがなカタカナカード』や『ひらがなリズムがきプリント』を上手に活用してみませんか。
幼児が自発的に学ぶ喜びを感じながら、ひらがな練習に取り組めることでしょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-早期教育について
-, ,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.