早期教育について

早期教育のメリットデメリットまとめ

更新日:

幼児に対する早期教育のメリットとデメリットは、実は、表裏一体ではないでしょうか。
つまり、幼児への早期教育におけるデメリットが何かを理解することによって、そのメリットをいかした幼児へのより良い学習の機会を与えられるのかもしれません。

親と子が共に学ぶ姿勢を持つことが大切

幼児期の早期教育には、いくつかのメリットがあります。
その1つは、右脳が著しく発達する幼児期に学ぶひとときを得ることによって、右脳をより良く成長させられるということです。
しかし、幼児が青年期のような自習状態では、コミュニケーションのひとときが得られず、身近な人との触れ合いが重要な幼児期にはデメリットになりかねません。

ですから、七田式教育のような早期教育に期待が高まるのかもしれません。
右脳により良い働きかけとなるメリットを生かしつつ、デメリットを遠ざけた親と子が共に学ぶ教育法だからです。

発達段階に応じたありのままの子を認める親の愛情が不可欠

幼児期の早期教育にあるメリットの1つには、何事も柔軟に受け入れて記憶力や集中力が増すということが挙げられます。
しかし、それが機械的な作業の一環になってしまう恐れもあり、幼児自身の自発的な意志ややる気と直接繋がらないデメリットもあるのです。
ですから、早期教育のメリットを育むためには、幼児の自発的な意志ややる気を育む必要がありますね。

それには、親からの無条件の愛情を与えられた経験が役立ちます。
何故なら、自己肯定感が大きければ大きいほど高まるものです。
そのためには、発達段階に応じたありのままの幼児を認める親の愛情というものを重要視してデメリットを遠ざける、七田式教育が参考になるのではないでしょうか。

まとめ

幼児への早期教育を考えるのであれば、デメリットを遠ざけながら、メリットを最大限生かせるような教育法を選びたいものです。
そのためにも七田式教育のように、親と子が共に学ぶ姿勢や、親がありのままの子を認めて愛情を与えることを大切にした早期教育に注目したいですね。
それによって、デメリットを被ることなく、メリットを謳歌できるのではないでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-早期教育について
-,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.