ドッツカードを使った学習では、数字に強くなる効果があるそうです。
これは何故なのか、気になりますよね。
一体、ドッツカードにはどのような秘密があり、数字に強くなる効果をもたらすのでしょうか。

右脳に働きかけるドッツカード

ドッツカードとは、数字の1〜50までの赤丸の点が描かれたカードです。
この赤丸の点であるドッツを子供に見せ、同時に、親がその数を言うという形で行う学習ですね。
これによって、計算力を発揮する右脳へ良い刺激を与える効果が生み出します。

例えば、七田式のドッツカードには段階があり、最初はただの数字です。
次に足し算・引き算・かけ算・割り算となり、更に三項式…というようになっています。
これらを少しずつ、合計3回することで、右脳の計算力に好影響を与え、数字に強くなる効果が出てくるというわけですね。

親子で楽しくドッツカード

ドッツカードは子供だけでは行うことができない学習方法です。
親が読み手として側にいることによって、子供の数字力・計算力が鍛えられる効果が生まれます。
つまり、親子で楽しく取り組むことが大切なのです。

幼い子供が学習に対する素直な意欲を持つようになるためにも、親の協力は不可欠ではないでしょうか。
その点では、ドッツカードは親が赤丸の点側を見せて、読み手役となるので、かなり効果的です。
親子一緒に学びの時間を取れるのが良いですね。

まとめ

ドッツカードによる学習は、計算力を担うとされる右脳へのより良い刺激を与える効果が期待できます。
また、幼い子供が素直に学習意欲を高められるように、親がカードの読み手として不可欠であることも重要ですね。
親が側にいる安心感を抱いて学習に取り組めるドッツカードは、子供を数字に強くさせるために効果的ではないでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。