幼児教育で名が知られている七田式には、フラッシュカードを用いた学習方法がありますよね。
この七田式フラッシュカードは、どのように使うと効果的なのでしょうか。
その使い方に関するポイントを2つ、ご紹介します。

ゲーム感覚で取り組む

七田式フラッシュカードを使った学習では、まず、ゲーム感覚で取り組むことが大切です。
何故なら、幼い子供が興味を持って学習に取り組む姿勢を養えるからですね。
子供の好奇心や知的欲求を楽しいという気持ちと共に育むことが重要ではないでしょうか。

例えば、1枚のカードを1秒以下という速さでめくって子供に見せる片面フラッシュは、そのスピード感とリズム感によって子供の心を弾ませます。
また、2枚のカードを使う言葉当て遊びや、カードを数枚並べて1枚のカードを当てるスリーヒントゲームは、遊びながら語彙力を養えるのです。
このように、七田式フラッシュカードは幼い子供に対して、勉強は楽しいということをインプットできるのではないでしょうか。

親子のコミュニケーションを図る

七田式フラッシュカードを使った学習におけるもう1つの大切なことは、親子のコミュニケーションを図る場であるということです。
実は、子供の精神面を支える土台となるのは、親からの愛情であり、親と過ごした楽しい記憶ではないでしょうか。
その一環として、七田式フラッシュカードによる学習を生かすことができます。

カードを使ったそれぞれの活動において、子供が上手にできたら、親が子供を褒める機会を得られますよね。
また、時に子供が苦戦したとしても、親が応援することもアドバイスすることも、リアルタイムにできるのです。
これらの機会は、子供が安心して学習に取り組む姿勢を養うための強力なサポートになるのではないでしょうか。

まとめ

七田式フラッシュカードを使った学習では、ゲーム感覚で取り組んだり、親子のコミュニケーションを図ったりすることによって、より良い効果を生じます。

つまり、子供の好奇心や知的欲求を満たし、勉強は楽しいと印象づけられるのです。

また、七田式フラッシュカードを使うことで、親子のコミュニケーションを図りやすいひとときを持つことができます。
親がすぐ側にいるという安心感は、子供にとって安心して学習に取り組む姿勢を育む大きな力になるのです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。