子供におすすめの知育玩具と最適な年齢を教えてください。


ジョイトーイ ルーピング フリズル 【ボーネルンド】

おすすめの年齢:0歳~3歳

ルーピング フリズル(ボーネルンド)のおすすめポイントを教えてください。

細かな木の玉をワイヤーに通していく玩具なのですが、とにかく指先を良く使いますので手の訓練には特に持ってこいです。まだ小さいうちは親がやってみせてあげるだけでも、興味深そうに眼で追います。

まだお座りができるようになったばかりの頃から、遊ぶことができるおもちゃでした。基本的に細かなパーツが付属することもないので、その年の赤ちゃんにありがちな誤飲の心配ありません。唯一上げるとすれば、少し重いおもちゃですので振り回したりしないかは監視しておく必要はあります。

基本的にはどんなおもちゃ屋さんや児童館にでも同様の玩具があるのが確認できると思います。とてもメジャーな玩具ですし、わが子も座り始めの頃にこの玩具を買い与えました。比較的簡単に達成感を味わえるのか何度も何度も狂ったように挑戦する姿が印象的でした。

ルーピング フリズル(ボーネルンド)で遊んでいるときの体験談を教えてください。

小さい頃はぼんやり空間の把握をするように遊ぶのですが、大きくなると次第にどれだけ早く玉を目的の場所まで移動させるか挑戦するなど、工夫次第では何度でも遊べる魅力があります。お話ができるようになってからは「玉をキャラクターに見立てたりして追いかけっこする」というようなごっこ遊びまで自分で開発していました。

この玩具を通して成長した所は特に指先と手首の動きだと思います。指先は玉を一定の力で引っ張り続けるために使いますし、折れ曲がったワイヤも沿うために手首を動かしまわるのですが、手首の使い方に失敗すると変な曲り方になるためそこからやり直しを求められます。指先から頭まで体の感覚を良く養っていいるように見えました。

年齢的には0歳の一人で座り始めた頃から、3歳くらいまでが適齢かと思います。それまでは室内の遊びも多かったのですが、3歳半ばを過ぎたあたりになりますと外遊びの方が中心になり、その方が本人も楽しいのか次第に遊ばなくなっていきました。


ジョイトーイ ルーピング フリズル 【ボーネルンド】

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。