フラッシュカードを使った学習において、子供の記憶力が上がるという効果はあるのでしょうか。
学習の積み重ねが大切ですから、記憶力の能力が高いか低いかというのは、子供にとって重要なポイントですよね。
はたして、フラッシュカードを使った学習で期待できる効果に、記憶力はどう関わっているのでしょう。

右脳を磨く

フラッシュカードは表と裏にそれぞれ、絵と絵が示す言葉が提示されていることが多いですね。
それを交互に見せるフラッシュ効果によって、その絵が何であるのか言葉と共に覚えさせる学習の試みとなります。

このフラッシュカードを使った学習では、特に右脳の働きを活性化させる効果があるとされています。
特に、幼い子供は右脳の発達が著しいため、このような学習による成果が上がりやすく、記憶力が増すのです。
映像を瞬時に理解する右脳に磨きがかかり、言語関係に力を発揮する左脳との連携もスムーズになるからでしょう。

親と子の絆を深める

フラッシュカードを使った学習は、子供だけではできません。
必ずカードを提示する役目をする親の存在が不可欠であり、親と子の学習への取り組み意欲が効果を強めるのです。
つまり、共に学びの時間を持つことが大切になってきます。

ですから、フラッシュカードを使った学習は、親と子の絆を深めるという効果も持っているのではないでしょうか。
このことは、幼い子供の精神面を安定させることにも繋がるので、記憶力をつけるにも良い方法なのですね。

まとめ

フラッシュカードを使った学習には、右脳を磨いたり、親と子の絆を深めたりする効果によって、記憶力アップも期待できます。
幼い子供のより良い成長はもちろんですが、それを支える根幹となる親子の絆を深められるのが、フラッシュカードによる学習効果かもしれません。
それによって、記憶力にも磨きがかかるのでしょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。