早期教育について

どちらがおすすめ?公文式と七田チャイルドの比較

更新日:

公文式と七田チャイルドは、どちらも幼い子供の頃からの学びの場を提供していますよね。
双方共に、幼い子供のより良い発達・成長を願い、教育活動を行っているのです。

しかし、子供はそれぞれに個性があるため、自分に合う学びの場もあれば合わない場もあるのです。
ですから、公文式と七田チャイルドの良さを比較し、個々におすすめなのはどちらか選択するための足がかりにしましょう。

教育の理念

家庭や園・学校以外の場で子供が学ぶにあたっては、その教育理念はどういうものなのかを知っておきたいですよね。
何故なら、その理念に基づいた指導方法やカリキュラムが定められているからです。
実際に学ぶ子供のためにも、親として把握したいというのは当然のことではないでしょうか。

まず、公文式では、個々の子供に与えられているはずの可能性を発見して、それを伸ばす教育を目指しています。
次に、七田チャイルドでは、どの子供の中にもあるはずの天才的な能力を引き出すための教育を目指しています。
つまり、公文式でも七田チャイルドでも、子供それぞれに秘めている可能性や才能を認め、育もうとしているのですね。

学習システムの特徴

公文式も七田チャイルドも、子供が持つ可能性や才能をより良く深化させようと努めています。
そのため、子供1人1人が自分の可能性や才能を伸び伸びと養えるような学習システムが構築されているのです。
このシステムを理解し、それぞれの子供に合っているほうを選びたいものです。

まず、公文式では、0歳〜社会人まで各々の年齢や学年に最適だと考えられるプログラムを構築しています。
その上で、それぞれの子供の到達度と照らし合わせて、臨機応変にプログラムを活用しているのです。

次に、七田チャイルドでは、0歳〜小学生までの時期における、学ぶ内容と発達段階を照らし合わせて最適な学習環境を提供するのです。
ですから、個々の理解や伸びを考慮して、楽しく親子で学べるような環境を作り出しています。

まとめ

公文式や七田チャイルドでは、子供が持つ可能性や才能を引き出し、伸ばそうとする教育を行っています。
もちろん、それぞれに教育理念や学習システムが存在しており、いずれも、子供の習熟度や到達度に合わせて適切なものを提示するようにしているのです。

公文式を選ぶか、七田チャイルドを選ぶかということについては、子供の意志を優先するのはもちろんですね。
しかし、それだけではありません。
双方共に行っている体験教室に参加して、実際の学び場の雰囲気や空気に触れてから、おすすめだと感じられるほうを選びましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-早期教育について
-,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.