1歳児におすすめの知育玩具には、どのようなものがあるのがご存じでしょうか。
この世に誕生して1年が過ぎた幼児の心と脳を、心地よく育むための玩具を使いたいですよね。
そこで、1歳児におすすめの知育玩具を2つ、ご紹介しましょう。

木の温もりが感じられる玩具

1歳児におすすめしたい知育玩具としては、まず、木の温もりが感じられるものを挙げたいですね。
この頃の幼児は、まだまだ、いろいろな物を口に持っていきやすい面があります。
ですから、自然のもので構成された玩具が良いのではないでしょうか。

例えば、木の積み木や、木のリング等が良いかもしれません。
木の独特な優しい手触りを感じながら、積み上げたり並べたりと親子で一緒に遊びたいですよね。
このように1歳児におすすめするなら、木の温もりが感じられる知育玩具はいかがでしょうか。

音を奏でられる玩具

1歳児におすすめしたい玩具としては、もう1つ、音を奏でられる玩具を挙げたいですね。
この頃の幼児は、身近にあるものに偶然触れたり、偶然叩いたりして響く音を面白がって笑顔を見せることが少なくありません。
ですから、触ったり叩いたりして単純に音や音楽が生じるような知育玩具が良いのではないでしょうか。

例えば、木で作られたバチやトンカチで、ドラムや太鼓、あるいは釘打ちタイプのパーツがついた玩具はいかがでしょうか。
カンカン、トントンといった単純な音を自分で出せるというのが、幼児の好奇心や満足感を生み楽しめるのです。
このように1歳児におすすめするならば、音を奏でられるような知育玩具も良いですね。

まとめ

1歳児におすすめしたい知育玩具の中から2つを紹介しましたが、いかがですか。
複雑なものや高価なものでなくて構いませんから、木の温もりが感じられるものや音を奏でられるような玩具を選びたいものです。

このような知育玩具であれば、1歳児が自らの手足を使って楽しめますよね。
自らの手や足を使う遊びの時間は、幼児のめまぐるしい発達期において大切なことですから、是非おすすめします。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。