おすすめ知育玩具

小学生ピタゴラスを購入した理由と口コミ

更新日:

商品名:小学生ピタゴラス
値段:3700円
おすすめの年齢:小学校(低学年)

私がおすすめするのは小学生ピタゴラスという商品です。私もそれまでは知育玩具というものをあまり意識して購入したことはなかったのですが、ある日子供の友達が夏休みの放課後児童クラブで遊んでいたようでうちの子供も一緒に遊ぶにつれ楽しくなったようで家でも遊びたいというようになったのがきっかけです。仕方なく児童クラブの先生にどんなものか実際見せてもらいネットで探して同じものを購入することができました。

高精度異方性磁石という双方向で反発しない特殊な磁石を使用しているようで、手先が器用でなくてもピタッと簡単にパーツで組み立て遊びが楽しめます。中身は様々な色や大きさのブロックがたくさん入ってます。ブロック自体に色はついているのですがスケルトンになっておりブロックを用いて立体的なものをくみ上げた時に中身が見えるようになっています。またピタゴラ図鑑とピタゴラボードというものが添付されています。

ピタゴラ図鑑にはそのブロックを使って組み上げることのできるエレベーターやかざぐるまなど約30種類ほど様々なブロックの例が示してあり、その形を見ながら同じものを組み立てていくことができます。ピタゴラボードはおうちやちょうちょなどボードの上でパズル遊びができるようになっています。
また磁石を使うことで磁石というものの性質なども理解することができるようになるのではと感じました。

子供が遊んで後に聞いてみると立体的なものを作ったときに壊れやすかったり、同じ形のものが平面で重なった時に剥がしずらいなどの声が聞かれました。
また様々なものを組み立てた時にパーツが足りなくなるのでもう少し増えるといいなという意見もありました。
片付けはほかのおもちゃと違い磁石ということもあり、パーツの片付け忘れもなく大変楽なようです。

親として感じたことは立体図などを作成することで展開図などが理解できるようになり小学校で習う算数の図形などの授業で理解しやすくなるのではと思いました。
また一人でも大人数でもできますが作っている最中も子供がだいぶ集中してつくることで集中力を身に付ける意味でもよいと思います。我が家も最初は大人も一緒になって楽しんでいました。購入したピタゴラスは低学年用ということで高学年用やいろんな種類もあることを知りましたのでまた子供に相談しながら購入も検討してみようと思います。私的には図形の空間把握や理解をさせるツールとしておすすめできる玩具です。"

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-おすすめ知育玩具
-

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2018 All Rights Reserved.