『英語であそぼ』という子供向けの英語教育番組がありますよね。
その番組から誕生した幼児向け教材があることをご存じですか。
子供達を楽しく英語学習で誘う『英語であそぼ』に基づいて開発された教材の効果はどんなものでしょうか。
是非とも知りたいですよね。

遊びを通して英語に親しめる教材

『英語であそぼ』という番組から誕生した幼児向け教材は、番組コンセプトである『子供が英語に親しみ、興味を持つように』という思いが込められています。
そのため、遊びを通して子供達が英語に親しめるものになっているのです。

つまり、歌やDVD、CDといったアイテムはもちろん、オリジナルアイテムの音が出る『えいごペン』と盛りだくさんです。
それらのアイテムと一緒に『英語であそぼ』に登場する人物やキャラクターも登場する教材は、子供達の興味を惹きつけるのではないでしょうか。

親子で楽しみながら英語に触れられる教材

『英語であそぼ』から生まれた幼児向け教材は、まだ幼い子供達が安心して英語に夢中になれるようにと、親も一緒に楽しめる教材を提供しています。
親が英語学習を楽しむ姿勢が、子供の英語への関心も高めるのではないでしょうか。

英語を聞いて体を動かしたり、簡単な英語でのやりとりをしてみたり、親が子に絵本を読み聞かせたり、と英語を通した親子でのコミュニケーションを深めるひとときにもなります。
ですから、『英語であそぼ』の教材を活用した英語学習は、親子の絆を強くする時間なのかもしれません。

まとめ

子供向けの英語教育番組である『英語であそぼ』は、幼児向けの英語教材を開発・提供しています。
幼い子供達が遊びを通して英語に関心を持てるように、えいごペンのようなオリジナルアイテムも開発しているのです。

また、幼い子供達が安心して英語学習に取り組めるように、『英語であそぼ』では、親が側で一緒に活動できるような教材を使っています。
親子で英語に親しめる教材は、英語だけではなく親と子の楽しい思い出作りにも役立つのではないでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。