カタカナ早く覚えるには、一体どのように働きかけるのが良いのでしょうか。
親として、どのように我が子へ働きかけるべきなのか、知りたいですよね。
そこで、カタカナを早く覚えるには、どう働きかけるべきなのか2つのポイントに絞ってご紹介しましょう。

身の回りにある音の表現を活用する

カタカナを早く覚えるには、身の回りにある音の表現を活用するのはいかがでしょうか。
車のブーブー、電車のガタンゴトン、雨のザーザー、星のキラキラ、犬のワンワン、猫のニャアニャア、雀のチュンチュン等、いろいろありますよね。

このような身の回りにあるものの絵カードに、音を表現する言葉が子供の目にもわかりやすい位置に書き込まれてあるものを使用するのも良いですね。
その絵カードを並べて、例えば、親が「車が走る音は?」と問いかけ、子供が(あるいは、親子で揃って)「ブーブー」と答えながら、カルタのようにカード取りをしていきます。
このようにカタカナを早く覚えるには、絵カードを利用してカルタゲームのような遊びを通して行うと便利ですね。

子供が好きなアニメや特撮のキャラクターを活用する

カタカナを早く覚えるには、子供が好きなアニメや特撮のキャラクターを活用するのはいかがでしょうか。
何故なら、子供向けのアニメ作品や特撮作品には、キャラクターの名前やヒーローや敵の名前はカタカナであることが少なくないのです。

子供は、自分が夢中になっているものに登場する名前や表現は、すぐに覚えてしまいます。
ですから、カタカナを利用したキャラクターの名前が自然と頭に入るので、カタカナを早く覚えるには助かるのです。
もちろん、それらの画像と名前が出ている冊子やカラー資料集を使うことで、視覚からもカタカナに触れることができますね。

まとめ

カタカナを早く覚えるには、まず、身の回りにある音の表現を活用しましょう。
例えば、車等が走る音や動物等の鳴き声について、絵カードを作成すると便利ですね。

次に、子供が好きなアニメや特撮作品に注目しましょう。
意外なことかもしれませんが、それらの作品にはカタカナ名のキャラクターが結構登場するので利用しやすいのです。

このようにカタカナを早く覚えるには、子供の目や耳で身近に触れることができる言葉を活用することが大切ではないでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。