幼児向けにも教育を行っている七田チャイルドアカデミーです。
ですから、七田式プリントについて、もう少し詳しいことを知りたくはないですか。
そこで今回は、七田式プリントについて、2つの点からご紹介しましょう。

七田式プリントが目指す幼児教育のあり方とは?

七田式プリントを通して、まずは、七田チャイルドアカデミーが目指す教育のあり方を見てみましょう。

まず、七田チャイルドアカデミーでは、0〜6歳という小学校入学前の時期が、学習面において大切だと考えています。
その理由としては、右脳左脳共に脳の完成に向けてよく働く時期だからです。
まさに、個々の才能がぐんと伸びて発揮される可能性が最も高まる時期なのですね。

ですから、未就学時期の数年間に、年齢・発達に応じた適切な幼児教育を施すことが大切になります。
その手助けとなるのが、七田式プリントというわけです。
幼児の集中力持続時間は決して長くはありませんが、だからこそ、1日3枚という量で気楽に取り組みやすく作られています。

1日3枚という量自体は多すぎる枚数ではありません。
が、日々こつこつと取り組むことによって、ちりも積もれば山となるように、幼児の好奇心旺盛な脳により良い刺激となるのではないでしょうか。

七田式プリントで身につけられることとは?

七田式プリントは幼児の発達段階に合わせて作られ、実際に使用されています。
この1日3枚のプリントを毎日実践することによって、身につけられることがいくつかあります。

・ 親が近くで見守ることができるため、幼児が一生懸命取り組む姿を認識できる。
・ 未就学期から始めるので、精神的なゆとりをもって小学校生活を開始できる。

この2点は、子どもが気がつかないうちに、家庭学習への取り組み意欲や習慣付けをしやすくなるのではないでしょうか。

また、学習内容もわかりやすく頭の中に入ってきそうです。

・ 基礎となる社会常識や物の名前等を覚える機会となる。
・ 物を表す絵と文字を理解しやすくなる。
・ 数がどういうものなのかという知識が深まり、小学校の算数や中高学生の数学への土台作りとなりましょう。

まとめ

七田チャイルドアカデミーでは、幼児教育に対して力を入れているところですよね。
その理念を大切にしながら作られているのが、七田式プリントになのです。

1日3枚のペース構わないのです。
子どもが親を隣にして一生懸命に取り組むことで、1ヶ月後、1年後には、様々なことを身につけているでしょう。
ですから、小学校入学前の準備として、七田式プリントを使うのはより良い選択なのです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。