おすすめ知育玩具

1歳からのプラステンでの遊び方の口コミ

更新日:

子供におすすめの知育玩具

プラステン
値段:7000円
おすすめの年齢:1歳から

プラステンのおすすめポイント

まずは、木のおもちゃであることです。

プラスティック製のものにあるヒヤッとした感触がなく、あたたかみがある素材ですので子供の手に触れるおもちゃとして良いと思います。
また、飾っておくだけでもなんだか様になるところも良いですね。

そして、このおもちゃの素晴らしいポイントは様々な遊び方ができることです。

ペグ差しはもちろん、おままごとの食材やひもを通す練習もできます。
お花などの形を作ったりすごろくゲームにしたりと、自由な発想で遊び方はどんどん広がってゆく点が、子供の創造力を刺激するのではと思います。

プラステンで遊んでいるときの体験談

初めてこのおもちゃを渡したときのことは、今もよく覚えています。
棒に挿さっているコマを一気に抜いてカチカチと合わせて音を楽しんでいました。

一歳の息子の手になじみやすい程よい大きさのようで、一生懸命に抱え込んでいました。
その後は、教えずとも元の棒に一つ一つ差してゆき、いっぱいになるとまた抜いてとかなり長い時間集中して遊んでいました。

当時は、色ごとに分けて差すことはできていませんでしたが、2歳になる今では色を意識するようになっています。
同じ作業の中でも、成長を感じ取ることができています。

また、コマでタワーを作るのもお気に入りのようです。
ただひたすらに積み上げてゆくのですが、これが意外と高いところまで積み上げられます。

本人も嬉しいようで、手をぱちぱちとたたいて喜びながらとても集中して遊んでいます。

そして、今の一番のお気に入りの遊び方はおままごとの食材にすることです。
キッチンから鍋やフライパンを持ち出して、コマをいれてお玉でかきまぜながら一生懸命に料理をつくってくれます。

男の子なのでおままごと用の食材や道具はいらないと思っていたのですが、やはり母親が普段していることは真似をしたくなるものなのでしょう。

そんな息子の気持ちにも気づかせてもらえたこのおもちゃは、きっとこれからも成長を教えてくれると思います。

プラステン

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-おすすめ知育玩具
-

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.