七田式の学習を始めることによって、右脳が活性化するという評判が高いですよね。
しかし、本当なのでしょうか。
本当だとしたら、どのような学習を行うことによって、幼児の右脳が活性化されるのか知りたくありませんか。
そこで、七田式の学習と右脳の活性化について考察してみました。

幼児に秘められた可能性を引き出す教育とは?

まず、七田式の学習における教育理念や方法について知る必要がありますね。

教育の対象となる幼児はまだまだ幼いですが、だからこそ無限の可能性や才能が眠っています。
この可能性や才能が開眼するように働きかける学習を行おうとしているのが、この教育方法なのです。

幼児の才能や可能性を無理なく自然に呼び覚ますための土台・基礎となる能力を身につけられるように努めているわけですね。
つまり、記憶力や集中力が増したり、前向きな心や精神力の強さを培うような学習が行われるのです。

このような基礎的な能力アップが、まさに右脳の活性化ではないでしょうか。
活性化されることによって、幼児が成長するにつれて様々な活躍ができるようになる土台がしっかりと形作られるのかもしれません。

右脳の活性化とは具体的にどういうものなのか?

次に、右脳の活性化をもう少し具体的に捉えていきましょう。

・ イメージトレーニングによって、想像することによって感じられる五感を養う。
・ 空想遊びをしながらの写真活用によって、映像化して記憶する術を身につける。
・ スポーツや学習といった様々な生活シーンで実際に活用できるイメージ力や記憶力を養う。

このように、七田式教育では、幼児が学習に対して抵抗感を抱かないように努めているようですね。
つまり、遊びを通して自然に学べるようにしています。
また、幼児の学習に親の協力が必要になっているのです。

親が側にいることで幼児の安心感が増し、親に認められる喜びを体験することで、より良い習熟を得られるのではないでしょうか。

まとめ

七田式教育は、幼児の限りない才能と可能性を引き出すための学習を行っています。
そのために、親と子が共に学びの時間を過ごせる教材の開発とカリキュラム作りをしているのです。
それは、幼児の成長により良い影響を与え、右脳が自然に活性化されているのではないでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。