まだ未就学児であり、物心ついてきた2歳くらいの幼児期から始めたい幼児教育。
幼いからこそ、小学校入学前までの各年齢に合わせてより良いおすすめのプリント学習をさせたいですよね。
そこで今回は、幼児教育でおすすめしたいプリント学習を選ぶ時のポイントを2つ、ご紹介しましょう。

親子で取り組めるプリント学習

プリント学習といっても、小中学生のようなものではありません。
幼児教育におけるおすすめの学習とは、親子で取り組めるものが一番なのです。
もちろん、学ぶのは幼児ですが、その学習時間を上手にサポートする親の協力が功を奏します。

幼児教育にあたっては、幼児が安心して学習に取り組める環境作りが大切です。
ですから、学習内容を吟味し選択するにあたっては、何よりもまず、親がどのようなポジションにいる学習になっているのか、確認しましょう。
つまり、最もおすすめな学習方法は、七田式プリントのような親子で取り組めるタイプなのです。

文字や数の基礎的な概念を養うプリント学習

幼児教育は、幼児が小学校に入学する前段階として様々な準備段階の教育になります。
そのため、プリント学習をするのであれば、文字や数の基礎的な概念を養えるものがおすすめです。
一足飛びで文字や数を覚えることよりも、○×や線を引いたり色塗りをしたりという簡単な作業を通して基礎的な概念を身につける方法が良いのです。

そのような幼児教育のあり方を目指しているのが、七田式プリントになります。
幼児が○×や線を引いたり色塗りをしたりすることを楽しみながら、自然と文字や数の基礎的な概念を身につけていく学習方法は、まさにおすすめではないでしょうか。

まとめ

幼児教育におけるプリント学習については、まず、親子で取り組めるタイプのものがおすすめです。
また、文字や数の基礎的な概念を養えるような幼児教育も、おすすめしたいですね。
ですから、七田式プリントのような学習方法を取り入れるのはいかがでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。