パズル&ゲーム日本地図

値段:3024円
おすすめの年齢:6才

ゲーム&パズル日本地図のおすすめポイント

日本地図パズルですが、地勢図、行政図は47ピースで構成されているので、
都道府県が47に分かれているとわかりやすいです。

地勢図や行政図だけではなく、日本一周旅行ゲームがついています。
簡単なすごろくです。コマとサイコロも入っています。
東京をスタートして、特急切符や航空券など手に入れたカードを使って日本一周の早さを競うゲームです。

帝国書院の地図を採用しているので、学校の教科書とも同じ地図です。
社会で地図の勉強になった時に馴染みやすいと思います。

ゲーム&パズル日本地図で遊んでいるときの体験談

4歳ぐらいにプレゼントで買ってもらいました。
地図パズルは2つ持っていますが、ハナヤマの日本地図のほうが遊んでいました。
地勢図のパズルは、細かすぎて子どもには早かったようです。

行政図パズルは、色が分かれていて都道府県名と県庁所在地だけでシンプルなので
地勢図のパズルよりは遊んでいました。
47ピースなのですぐ終わるのが良かったようです。

地勢図や行政図のパズルよりも日本一周旅行ゲームが一番遊びました。
子どもの友達も遊んで楽しかったから買ってもらったと言っていました。

家族で遊びましたが、すごろくなのでルールが難しくないから良かったのだと思います。
新幹線や飛行機など子どもの好きな乗り物を使うので楽しんでいました。

地図を勉強とは思わずに、実生活に役立つものとして遊んでいたと思います。
学校の社会で習う前なので覚えてはないですが、見ているだけで都道府県名や位置などはなんとなくわかっているようです。
ゲームやパズルはあきてしなくなりますが、たまにテレビのニュースや本で出てきた時に場所がどこなのか見ています。
学校で勉強するようになるとまたするようになりそうなので、長く使えるパズルです。


パズル&ゲーム日本地図

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。