白木の積み木は何色にも染まってないナチュラル感が良いですよね。
色合いに左右されないということを生かして、様々な形に積み上げたり、積み重ねて様々な物を作ったりと楽しめます。
だからこそ、白木の積み木は様々な立体を作ることができ、立体感覚を養うのに役立つのではないでしょうか。

立体の構造を観察する力を養う

白木の積み木のナチュラル感は、手触りだけではなく目にも優しい色合いですよね。
形や大きさは違いますが、それらを組み合わせて積み上げたり積み重ねて作られた立体を観察しやすい落ち着きがあります。

何かをじっと観察する力は、集中力を養うことにも繋がるのではないでしょうか。
ですから、白木の積み木を使って行う活動は、1つ1つのことについてじっくりと観察する力と共に、集中して行う粘りの力も養うのです。

立体の成り立ちを把握する力を養う

白木の積み木は手触りもよく、様々な立体を思う存分、積み重ねて作り上げることができますよね。
そんな立体の中には、積み上げてしまうと周囲に隠れてしまい、ひと目だけではわかりづらいこともあります。

しかし、何度も白木の積み木遊びを重ねてくると、周囲で見えなくなったものの形や位置を予想しやすくなるのです。
つまり、その空間にある立体の成り立ちを把握する力が、遊びを通して養われていきます。

まとめ

白木の積み木の色が付いていないナチュラルな感じは、子供に落ち着いて積み木遊びに集中させられます。
しかも、楽しみながら行える遊びを通して、自分が積み上げたものの立体構造を観察する力や集中力を育むのです。
また、立体がどのように積み重ねられていったのか、空間的な成り立ちを把握する力も養えます。

このように、白木の積み木遊びは、子供が立体感覚を磨くために役立つアイテムではないでしょうか。
楽しく遊びながら、立体の構造や成り立ちを理解することを手助けするのです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。