子供におすすめの知育玩具と最適な年齢を教えてください。

立体パズル【知の贈り物シリーズ】

値段:2592円
おすすめの年齢:5歳前後

エド・インター 知の贈り物シリーズ 立体パズルのおすすめポイントを教えてください。

きれいな色のついた様々な形の木を、並べたり組み合わせて形を作る木製パズルです。

普通の積み木とちがい、変わった形のものが多いので、裏替えしたり上下を逆にしたりと試行錯誤しないとうまくできません。

一つの積み木も、逆にすることで形が変わるんだどいう、大人には当たり前だけど子供は意外とわかっていないことを、手と目を動かすことで教えてくれる、とても良い玩具です。

平面だけでなく、組み合わせで四角い立体ができるのが特に面白いです。

エド・インター 知の贈り物シリーズ 立体パズルで遊んでいるときの体験談を教えてください

息子は小さいころからパズルなどがとても苦手で、ブロックや積木など形がポイントになる遊びはあまりしない子でした。

このままだと学校に上がってから図形嫌いになるなという危惧もあって、図形遊びができる玩具をいくつか用意しました。

その中の一つなのですが、購入した5歳では全くできず。前のほうのページの簡単なものもできませんでした。

息子には早かったかといったん諦め、本棚に入れていたのですが入学後、7歳の時にいきなり自分でやり始めました。

使う積み木の種類と置き方、作る形(ロケットや魚など)の見本があるページを最初からどんどんやり、スピードも徐々に速くなっていきました。

後半には、積み木を使って四角い立体を作るようになるのですが、これは大人でもなかなか難しいのです。

しかし息子は、苦手だった試行錯誤を繰り返し、いつの間にか全部のページが完璧にできる様になっていました。

その子その子のできる様になる時期は違うのですね。
その子にとっての時期が来れば、どんどんできる様になるのだと知りました。
早めに買って、見えるところにいつも置いてあったことも良かったと思います。

立体パズル【知の贈り物シリーズ】

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。