おすすめ知育玩具

1歳半からの知育ならレゴブロックがおすすめ

更新日:


レゴ (LEGO) デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス 10580
おすすめの年齢:1歳半~

私がおすすめするのは、誰もが知っているレゴ・ブロックです。

1.レゴの歴史

レゴは1932年にデンマークの職人が家具とおもちゃを作って売っていたことから始まります。
最初は木のヨーヨーを作っていましたが、これが組み合わせのおもちゃへと変わり、次第に組み合わせのおもちゃに変化していきました。
レゴはラテン語で「組み合わせる」という意味です。そのままですね。やがて、木からプラスチックのおもちゃに変わり、アメリカやカナダへと広がっていきました。

2.幅広い年齢設定

1歳半~、4歳~、5歳~、6歳~、というように適した年齢が表示されて販売されているので、年齢別に選ぶことができます。
年齢が高くなるとレゴの大きさが小さくなり、より複雑なものを作ることができるようになっています。
自由に作れるものから、決まったものが作れるようになっていたり、これも種々多様にあります。

3.自立心・協調性を育てる

レゴ・ブロックはひとり遊びもできるし、友達と遊ぶこともできます。
ひとり遊びは子供の成長において、とても大事です。自分で考える、そして自分で行動する力をつけることができるのです。
また、みんなで遊ぶこともできるので、協調性も生まれます。

ひとり遊びができると親は大変ラクです。私の子供は一人のときは夢中になって黙々と、友達といるときは賑やかに相談しあって遊んでいました。
少し面白いものができたら楽しく笑い、あまり仲よくない子とも遊べました。

4.想像力をつける

頭に浮かべ、それを形にすることで、子供の想像力を高めることができます。
たとえば車など、決まった形を作るタイプも販売されているので、作り方を見て、自分で考え作っていくこともできます。
もっと慣れたら、これをアレンジして別のものができるかもしれません。

組み合わせるという点では積木もあります。私は親戚から立派な木の積木をもらったのですが、マンションに住んでいたので崩れた時の音に悩まされました。
その点、レゴ・ブロックはプラスチック製品であるうえに、はめこみタイプなので、比較的静かに遊ばせることができました。
まずは少ないものから様子を見て、少しずつ量を増やしてあげるといいです。

子供は自分の作ったっものを大切に置いておくところがあるようで、子供部屋の片隅にレゴ・ブロックで作ったものがありました。
2度と作れない大切な作品だそうです。

実は このレゴ・ブロック、大人も楽しんでいるようです。私の友人の家にレゴ・ブロックで作った、大きな海賊船がありました。
てっきり彼女の子供が作ったのだと思っていたのですが、聞くとママさんが作っていました。
レゴ・ブロックは子供も大人も遊べる楽しい知育玩具です。


レゴ (LEGO) デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス 10580

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-おすすめ知育玩具
-, ,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.