おすすめ知育玩具

4歳誕生日プレゼントに公文日本地図パズルを購入した理由

更新日:

商品名:公文日本地図パズル
値段:2500円程
おすすめの年齢:4歳

息子の4歳の誕生日プレゼントの1つとして、くもんの日本地図パズルをプレゼントしました。

遊びながら楽しく日本地図が覚えられるのと、
公文トイの育てる力別3つのシリーズ、
1、できるシリーズ(学びの土台となる力を育むおもちゃ)
2、身につくシリーズ(学習につながる感覚や知識を身につけるおもちゃ)
3、かんがえるシリーズ(自ら学ぶ意欲を育てるおもちゃ)
のうちの身につくシリーズだったのと、地球儀に興味を持ち始めたこともあり、インターネットで似たようなおもちゃの中から、くもんの日本地図パズルを選びました。
まずは地方ごとに色分けされている「基本ピース」を使って遊ばせました。

息子は漢字が読めませんが、付属のひらがなシールを県別のピースに貼ることはあえてせず、そのままにしました。
はじめは北海道地方が青ピース、東北地方が緑ピース、関東地方が黄緑ピース、中部地方が黄色ピース、近畿地方がオレンジピース、中国地方が赤ピース、四国地方がピンクピース、九州地方が紫ピースと、地方別に色分けしてから作らせました。

はじめてでも、色と形をヒントにしながら、夢中になっていきました。
毎日作っていたので、すぐに慣れてきて、スラスラパズルを作れるようになり、物足りなくなってきたので、
次の段階の日本全国がすべて1色で色のヒントがない「発展ピース」にチャレンジさせました。

発展ピースにも漢字で県名が書いてありますが、基本ピースと同じようにひらがなシールを貼らずに、漢字の県名のままにしました。
慣れてきてからは、さらに次の段階の、発展ピースの漢字県名に無地のシールを貼って、ピースの形だけで都道府県を当ててパズルを作らせてみました。
漢字が読めない息子は、県名をみてパズルをつくるのではなく、形で判断して作っていたんだなと無地のシールを貼って作らせるようになった後にわかりました。
発展ピースになってからは、パパ、ママ、息子がそれぞれタイムを計りながら、スピードを競いながらパズルを作って楽しみました。

親は県の形ではなく、県名でだいたいの場所を覚えていて作っているので、県名に無地のシールを貼ってからは、息子のタイムが一番早くなりました。
親も練習して息子のタイムより早く作れるようになりましたが、それ以降は、まずピースを全部裏返して置き、1人ずつタイムを計りながら片手ではなく、両手を使ってパズルを作らせてみました。
親子3人でスピードを競いながらパズルを作る事で、息子のやる気も出て、親子で楽しく日本地図を覚えることが出来ました。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-おすすめ知育玩具
-,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2018 All Rights Reserved.