子供におすすめの知育玩具

どうぶつしょうぎ

商品名:どうぶつしょうぎ
値段:1500円
おすすめの年齢:5歳

どうぶつしょうぎのおすすめポイント

ぞう、きりん、ひよこ、ライオンの駒を使ってライオンを王様に見立てて取り合う将棋です。

本当の将棋より駒の数が少ない上、駒の進める方向も記してあるので、子供でもルールが覚えやすいようで、すぐに遊び方を覚えました。

相手が次に打ってくる手を想定して自分の駒を動かしたり、子供なりに戦術を考えるようになり、考えること自体が楽しいようです。

駒の数が少ないので、すぐに勝負がつくので家事の合間にも付き合ってあげられるのがいいと思います。

どうぶつしょうぎで遊んでいるときの体験談

最初はルールが分からないと言っていた息子ですがすぐに覚えて、最近ではちょっと時間があると「ママ、どうぶつしょうぎしよう」と誘ってきます。

どうぶつしょうぎは駒の数が少ないので、すぐに勝負がつきますが、最近では油断すると私が負けてしまうこともしばしばあり、子供の成長を喜んでいます。

どうぶつの絵柄もそれぞれに愛嬌があり、可愛らしいので親しみやすいようです。

また、二歳上のお兄ちゃんと一日に一回は対局するのですが、その時お互い最初と最後に「お願いします」と「ありがとうございました」の挨拶を大きな声でしているのを見ると微笑ましくなります。

どちらが負けても勝っても、それこら喧嘩になることも少なく、どの手が良くなかったのか二人で分析して、対ママ戦に備えているようです。

実際油断すると私が負けることもあり、子供の吸収力の速さに驚かされます。

最近では大人用の将棋にも興味を示してきたので、じいじも誘って親子で覚えて行けたらいいなと思っています。

→どうぶつしょうぎはこちら

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。