小学校受験対策は、いつから始めるべきなのでしょうか。
もちろん、個々の家庭の事情や子供自身の個性・発達面を考慮せねばなりませんが、平均的なものを知りたいですよね。
いつから小学校受験対策を始めるのが良いのか、2つの視点からご説明しましょう。

家庭での教育方針をしっかり固めてから

いつから小学校受験対策を始めるのが良いのか、よくわからなくて焦燥感だけ募らせてしまうこともあるでしょう。
しかし、焦るよりもまず、我が子の足元をしっかりと固めることが大切です。
つまり、家庭において、親がどのような教育方針を抱いているのか見定める必要があるのです。

いくら良い塾や園に行かせたところで、家庭の中で教育方針がなかったりふらついていたりすると、子供に良い影響は与えません。
ですから、小学校受験対策をいつから始めるのが適切かというと、個々の家庭で教育方針をしっかり固められた時期からではないでしょうか。

園生活で基本の社会的ルールを身につけてから

いつから小学校受験対策を始めれば良いのか、それは実際に受験する子供の発達段階や個性に合わせて判断したいものです。
親から離れて生活する時間ができる園生活は、子供に社会的なルールの土台固めになる期間でもあります。
この社会的ルールを身につけておくと、受験における挨拶や面接、試験を受ける態度にも好影響を及ぼすでしょう。

園という集団生活の中で、社会的なルールの基本を実体験して学べることは、子供にとって良いことなのです。
ですから、小学校受験対策をいつから始めるのが良いかといえば、園生活で基本の社会的ルールを身につけられた時期からではないでしょうか。

まとめ

小学校受験対策をいつから始めたのか、始めるべきなのか、これは個々の家庭によって様々です。
何故ならば、各家庭によって、教育方針をしっかりと固める時期に違いがあるからですね。
また、園生活において学び取る社会的ルールをしっかりと身につけられる時期にも差異があるからです。

ですから、子供にとってより良い小学校受験対策をしたいのであれば、2つのポイントに注目して、いつからの開始か見極めましょう。
つまり、家庭での教育方針固めをした時期や、園生活において社会的ルールを身につけられた時期ということですね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。