こどもちゃれんじベビーや公文は、乳幼児期から何らかの教育や家庭学習を始めたいご家庭で人気の教材ですよね。
一体、これらの教材にはどのような魅力があるのでしょうか。
今回は、こどもちゃれんじベビーとベビー公文のそれぞれが持つ良さを比較してみました。

教材や教育理念の特徴を比較する

まず、こどもちゃれんじベビーについてです。
乳幼児期の発達段階に合わせて、親と子のスキンシップもはかれるような遊びを通した学習活動を行うカリキュラムを組んでいます。
これは、乳幼児の可能性を広げて、乳幼児の『好き』なものや『得意』なことの芽を育むためなのです。

次に、ベビー公文についてです。
乳幼児期の特性に合わせたオリジナル教材は、親と子のやりとりを広げるものになっています。
これを手助けするのが、月1回の講師によるベビー公文教室での活動になるのです。

このように、こどもちゃれんじベビーもベビー公文も、親子のやりとりによるスキンシップを充実させながら、乳幼児のより良い個性の伸長を目指しているのではないでしょうか。

受講費や会費を比較する

まず、こどもちゃれんじベビーについてです。
年一括払いの場合、五感を刺激する絵本や音楽等の知育教材も含めて、1か月あたりの受講費は税込1975円になります。

次に、ベビー公文についてです。
オリジナル教材と講師による月1の教室での活動を含めて、1か月あたりの会費が税込2160円になります。

このように、こどもちゃれんじベビーの受講費もベビー公文の会費も、税込で2000円前後になっていますね。
これぐらいならば、乳幼児期の我が子にかける教育費用としてはリーズナブルではないでしょうか。

まとめ

こうして比較してみると、こどもちゃれんじベビーとベビー公文は、両者共に乳幼児が秘める才能をより良く伸ばす努力をしていることがわかりますね。
また、そのために、親子の絆も深める教材開発をしていることにも気づくのではないでしょうか。
しかも、こどもちゃれんじベビーもベビー公文も、1か月あたりの費用がリーズナブルな2000円前後というのも見逃せません。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。