幼児教育コラム

英語の早期教育はどれくらい効果がある?

更新日:

小学校で英語に関するカリキュラムが必修化され、ますます英語の早期教育に関心度が高まっています。
また、幼児期から気軽に通える英語教室が増え始め、英語の早期教育がより身近に感じるようになったのも確かです。

「少しでも早めに英語に触れさせておくと、子供のためになるはず!」と考え、早期教育に意欲的なご家庭も多いのではないでしょうか。
しかし、そこで気になるのが『効果』です。
英語の早期教育は、子供にとってどれくらいの効果があるものなのでしょうか。

どうして英語の早期教育がいいと言われるの?

それは、「臨界期」といって『音を正確に聞き取って、それを発音できる能力が高い時期』が限られているからです。
一般に9歳~10歳くらいまでと言われているため、文部科学省が小学校3年生から外国語活動を義務化する方針を打ち出したのも、この臨界期を意識したものだと言われています。

また、3歳くらいまでの英語の早期教育は、遊びの感覚で英語を楽しく学べることも大きいでしょう。
大きくなってくるとどうしても恥ずかしさが学びの邪魔をしますが、幼児期は比較的スムーズに英語を受け入れることができます。

英語の早期教育の効果とは?

LとRを発音する際、日本語にはない舌の動きがしっかりと認識できず、注意された経験はありませんか?
その点、英語の早期教育を受けていると、よりネイティブに近い聞き分けや発音を感覚でできるようになると言われています。
そして、一番大きい効果は「英語はそんなに難しいものではない」、「英語でコミュニケーションができると楽しい」という意識が幼い時から持てるということです。

残念ながら、英語の早期教育は子供が必ず英語が得意になるということではありません。
小学生や中学生になった時に、英語に対する苦手意識を生まないという意味では、それだけで子供にとって大きな効果があると言えるでしょう。

英語の早期教育は、何も教室だけではありません。
子供向けの絵本、CD、DVDもたくさん出ていますから、お家でママと一緒に遊びながら学ぶ方法もあります。

効果に過度な期待をするのではなく、親子のコミュニケーションのひとつとして始めてみられたらいかがでしょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-幼児教育コラム
-,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.