天才児を育てるためには、1歳の頃からより良い知育おもちゃも活用したいものです。
1歳児におすすめの知育おもちゃにもいろいろありますが、どのようなものが天才児を育むのでしょうか。
今回は、そんなおもちゃをご紹介しましょう。

木の温もりを感じられるおもちゃ

まず、天才児を育てたいと思うのならば、1歳児向けの知育おもちゃには木の温もりが感じられるものがおすすめです。
木の温もりは手触りが良く、幼い子供が直に触れた時の感じも良い刺激となって記憶されるからです。

木のおもちゃSoopsori(スプソリ) 積み木いっぱいセット2段66ピース 10種類以上の無着色天然木材使用 名入れ木箱つき

様々な風合いのつみきが入っているのが楽しいですし、角は丸みがあるので安心ですね。

だいわ 積木車

つみきといっても、こちらは台車に収納するタイプなので、台車を引っ張って遊ぶこともできるのが良いですね。

このような木の温もりに触れられる知育おもちゃならば、風合いの違いが味わい深いですよね。
それに、つみきとつみきが触れ合う音の素朴さも楽しめるので、1歳児の精神面にも心地よい刺激になります。

全身を使って遊べるおもちゃ

もう一つ、天才児にしたいと思うのならば、1歳児向けの知育おもちゃには全身を使って遊べるものがおすすめです。
全身を動かすことは、手足や目、耳等に至るまで様々な刺激を受けることに繋がり、それら全ては脳へのより良い刺激となるからです。

全身の知育 パーフェクト
幼い子供の発達段階に合わせて、手押し車になったり乗り物になったりと子供の興味関心をタイミング良く引き出せます。

スイスイおえかき NEW カラフルシート

4色分使えるシートに様々なスタンプやペンを使って、自由自在に描く楽しみを繰り返し味わえますね。

このように全身を動かして遊ぶことができる知育おもちゃならば、1歳児のやる気や関心を自然に高めることができるのではないでしょうか。
幼い子供の成長に合わせた遊び方や楽しみ方ができるのも良いですね。

まとめ

我が子を天才児にしたいのならば、1歳の頃から様々な取り組みをしているのではないでしょうか。
もちろん、知育おもちゃの選定も同様ですね。

木の温もりを直に感じられるおもちゃで精神面を安定させ、全身を使って遊べるおもちゃで物事に対するやる気や関心を引き出し育みませんか。
1歳児の心身の発達を支え、天才児に至る道を切り開くためにも、適切な知育おもちゃを選びたいものです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。