子供が小学生になったら独立した子供部屋を!そう考えている方は多いと思います。
ですが、家の中における子供部屋の位置づけはとても大切。間取り次第で子どもの能力を伸ばすこともできますよ。
今回は子どもの力を伸ばす子供部屋の間取りについて考えてみました。

生活の中で勉強しよう

小学生のうちは、家族との会話やコミュニケーション全てが学習です。
勉強でわからないことを親や兄姉に教えてもらったり、会話の中で新たにボキャブラリーを増やしていくなど、家族のコミュニケーション無くして賢い子どもは育ちません。
ですので、小学生のうちは単独の子供部屋を設けた間取りにするより、家族に囲まれたリビングで勉強することをおすすめします。

最近は、リビングの隣に子供部屋のようなスペースを設ける間取りが増えています。
子どもが小さいうちはリビングの一部として使い、受験勉強が始まるころに仕切りを付けた子供部屋にするなど、フレキシブルな間取りが出来るものもありますよ。

快適な子供部屋では勉強しない?

TVにゲーム、パソコンにエアコンと、何でも揃っている子供部屋。
欲しがるままにモノを与えると、子供部屋の中に何でも揃っている場合がありますよね。

ドアで区切られた間取りの中に魅力的なモノがあることは、小学生以下の自制心の弱い子供にとって注意が必要です。
あまりに快適すぎると子どもは自分の部屋に長居してしまい、なかなかリビングに出てこなくなりますよ。

なお、ドアを閉めて子供部屋にこもっているうちで、勉強に費やしている時間はほんの1割程度しかないという統計もあります。
あとの9割はゲームやネットで遊んでいるそうで、部屋があることが学力を下げる要因になっているのです。

子供部屋の間取りが原因で勉強しなくなることもあり得ますので、子供部屋はなるべくオープンな間取りにし、必要最低限の設備のみ置くようにしておきましょう。
ネットやゲームなど中毒性のある娯楽は、家族の目が届くリビングなどで注意深く与えるようにしてくださいね。

子どもの能力を伸ばすには、独立した子供部屋より家族の輪の中で過ごす間取りをおすすめします。
ネットやゲームなど中毒性のあるものは、家族の目が届く範囲で与えるようにし、部屋にこもることのないように注意しておきましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。