レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス<スペシャル> 10698

値段:2000円
おすすめの年齢:3歳くらいから

レゴ ブロックのおすすめポイント

私が持っているレゴはいろいろな色があり、色を認識させるのに最適でした。
「黄色だね」「これは緑だね」と言いながら、子供に渡していました。

また、ブロックをつなげるという行為、いろいろな形に変化させ、自分で何かを作り上げていくという行為は、子供の発想を最大限に生かせるのではないかと思います。

子供の発想は、大人とは違い、ユニークなものが多く、私もいろいろと考えさせられました。

ブロックのおうとつ部分も子供の手には刺激となり、マッサージ効果があるんじゃないかと私は思っています。

レゴ ブロックのおすすめポイント2

まずは創造性です。子供の創造性を発揮できるすばらしいおもちゃです。どの色とどの色を組み合わせるか、どの場所とどの場所をくっつけるか、試行錯誤して何かを作ろうとします。

親からしてみると、何を作っているのか全くわからないときもありますが、家、おもちゃやさん、公園など、色々テーマを決めて作っているようです。

次に、集中力です。一つの目標に向かって、何かを作ろうとしますが、目標が定められているせいか、1時間ほどじっくりと集中します。ブロックで作成したものは、正解はありません、自分で目標を定めているで、その目標ができるまで本当に真剣に作ろうとします。時々、手をだしたり、違うブロックを加えようとすると、怒られることもありますが、それだけ集中している証拠だと思います。

レゴ ブロックで遊んでいるときの体験談

同じ色のブロックだけをつなげて遊んだり、「これは、ブッブー(車)」と言って私に見せてくれたりしました。
また、私が考えもつかないような物を作ったりして、感心させられることも多々ありました。
ああ、子供には、こういう風に見えているんだと勉強になりました。

最初、買ったときは、ただ触るだけで、時々なめたりしていましたが、気付けば、何か、形のあるものを作れるようになっていました。
ブロックさえ、あたえれば、何時間でも一人で遊ぶこともできました。

時には、「ママ、キリン作って」と言われたり、「一緒にキリン作ろう」と言われたり、親子で楽しく過ごすことができました。
雨の日など、ブロックがあると、家でも楽しく過ごすことができるので、大変おすすめです。

自分で好きなものを作るので、脳も活性化し、子供の成長に大変良いと思っています。
最初は、色がよくわかっていませんでしたが、繰り返し教えることによって、理解することができました。

レゴ ブロックで遊んでいるときの体験談2

2歳くらいのときは、ただ好きな色や形のブロックを集めることからはじまりました。そのときに、本人は、「この形のこの色が欲しい」ということを言葉で伝えることはできませんが、「赤」「これ」など色々工夫して親に伝えようとします。

2歳半くらいから、簡単な長方形やドアをつけた家などを「作って」というようになり、親が作ることが多かったです。見て勉強しているようでした。

3歳になると、自ら家を作り、「見て。ママ。できたよ」と言うことの方が多くなりました。「ママ、一緒に作ろう!」というときもあります。レゴを通じて、親子の会話も少しずつ増えたこと、物を作る楽しさを感じたような気がします。
また、レゴのいいところは、親もはまるということです。知らないうちに、自分もとても集中して作ってしまうことがありました。子供が「すごいね!これちょうだい!」と言うのが嬉しかったです。

また、3歳になると、おままごとが上手になり「こんにちは」「いらっしゃいませ」「ここは公園です」など、いろいろ作っては、おままごとをすることもあり、とても楽しいようです。


レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス<スペシャル> 10698

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。