幼児教育コラム

小学校先取りのメリットデメリット

更新日:

子供が小学校に入ると、学習の先取りを行わないといけないのか悩みます。
また、先取りすることで、どのような効果があるのか知りたいですよね。
そこで、今回は小学校先取りのメリット・デメリットについて説明を行います。

小学校先取りのメリットについて

小学校に入学すると、学習の先取りを行わないといけないのか悩みますよね。
でも、学習の先取りを行うことによって、多くのメリットがあります。

自宅で小学校の先取りをしていることで、先生が言っていることがきちんと理解出来ます。
もう一度説明されることで、より子供の理解を深められます。

また、小学校で習う漢字はとても量が多いです。
先取りを行って先に少しでも漢字を覚えていると、子供も漢字が嫌いにならないです。
1度に覚えるのは子供に負担になるので、先取りで少しずつ進めるのがおすすめです。

小学校で、きちんと先取りをしていると、学校の授業の理解が深まります。
その為、勉強の楽しさを感じることができ、苦手意識がなくなります。
学習することに自信がついて、大きな自信となります。

先取りをきちんと行っていることで、頭の回転が速くなると言われています。
今後の学習に、大きな影響となります。

小学校先取りのデメリットについて

小学校の先取りを行うことで、デメリットも実際にあります。
先取りは良いことであると、多くの方は感じますよね。
でも、先取りをすることで、子供に悪影響を与えてしまうこともあります。

小学校先取りをすることで、小学校の授業が退屈に感じてしまいます。
小学校低学年は、学習内容が少し簡単と感じる子供が多いです。
その為、先取りをしている子供は、授業内容が簡単で、授業中におしゃべりをしてしまう子供も出てきます。

それでは、他の子供にとても迷惑です。
子供に先取りばかりさせると、自宅で復習する習慣が付かないのでも事実です。
その為、小学校高学年になると、勉強に着いていけなくなってしまうこともあります。

まとめ

小学校の先取りをすることで、授業内容の理解が深まり、勉強が楽しくなります。
また、自信もついて多くのメリットがあります。

だが、先取りが進み過ぎてしまうと、学校の授業がつまらなく感じてしまいます。
小学校の授業がつまらなくて、お友達とお話しして、先生の話を聞かない子も出てきます。
先取りばかりしてしまうと、デメリットもあります。

小学校の先取りは、進めすぎるのではなくて、少しずつ進めていくと効果的です。
子供が勉強を楽しいと感じるように、家庭学習を行ってあげて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-幼児教育コラム
-,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.