商品名:レゴブロック セット
値段:1万円位~
おすすめの年齢:7歳以上

現在、息子は私立中学の受験を突破して、中高一貫の中学1年生です。
小学校低学年の時に、レゴブロックのお店に立ち寄ったと時に非常に興味をもちお店のお試しで遊んでいたので、まずセットを購入しました。
いろいろ試行錯誤しながら、家、学校、犬小屋などだんだん街を作るようになりブロックが足りなくなり買い足していきました。

自分で考えて、組み合わせながら作っていくことは、集中力も必要ですし日に日に成長していくことがわかりました。
脳への刺激や思考力を鍛えることができると思われ、実際に大人である自分が何かを作ろうと考えて、完成させるまでは非常に疲れが出るほどです。
それだけ、考えていく力を使って伸ばすことができると思います。

算数、理科などが得意になっていったのもレゴブロックでの遊んだ経験があったからではないかと考えております。
もちろん遊んだあとは、片付けの習慣をつけるための教育にもなります。

レゴブロックは、種類も豊富で自分が作りたいものを作るにはある程度数量をそろえないと遊べません、多少価格はかかりますが、メリットは多いと思います。

だんだんレゴから、タブレットなどで遊ぶようになるとマインクラフトというゲームをするようになりました。同じようにブロックを積み上げていろんなものが作れます。感心したのは、遊園地を仮想空間であるマインクラフトで作っていたことです。ジェットコースターを作ったり、とても大人である
自分には対応できないことをやっておりました。
それもレゴブロックで遊んでいた効果なのかもしれません。

やがて4年生後半より、塾に通い始め受験を意識しました。
非常に算数のの見込みは早かったです。算数、理科を成績で伸ばすことができたからこそ合格できたと思っております。
基本的に、受験に関しても本人の意思を尊重しました。勉強とスポーツとどちらかを習い事として選択させたところ本人は、勉強がしたいとのことでした。

車などの設計をしたいと子供ながらに夢見ていたので、そのためには、国立大の工学部など進学するといいと説明をして、本人の中で納得して勉強していったようです。

まず小さいときに、自分で考える力、集中力を身につけることは非常に大きいと思います。
そのきっかけとして、レゴブロックはぜひおすすめの知育玩具ではないでしょうか?
おもちゃ屋さんのレゴブロック売り場へお子さんを連れていき遊ばせることが一つのきっかけになるかもしれません。

是非お勧めしますので、お試しください。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。