おすすめ知育玩具

4歳誕生日にNEW くみくみスロープをプレゼントしました

更新日:

値段:約4000円
おすすめの年齢:3歳頃~小学生

教育テレビの、ビー玉がコロコロ転がる装置が大好きな息子に、4歳のお誕生日にプレゼントしました。

このおもちゃのいいところは、子ども自身が工夫できるところです。
ボールの転がるコースは、何通りにも組み替え自由!最初は親が作ってあげていましたが、慣れると自分で好きなように
組み替えて遊んでいました。

3歳くらいの小さなお子さんでしたら、最初はちょっと力が足りない場合もあるかな?という感じです。
うちの息子も、最初は力加減が分からずに、きちんと奥まで入っていないパーツもありました。
ですが、「ぎゅっと押してごらん」と教えてあげると、そのうちすぐにできるようになりました。

「こんなコースができますよ」という写真も入っているので、とても分かりやすいです。
基本のセットの他に、コースを拡張できるパーツも売っているので、組み合わせるとより一層楽しいです。
息子も拡張パーツを欲しがったので、サンタさんにお願いすることにしました。

付属のボールが12個も入っているのも、息子には嬉しかったようです。
1個ずつ転がして観察してみたり、違うコースを転がして競争してみたり、全部をいっきに転がして1人で興奮してみたり(笑)

くもんのおもちゃは他にも持っていますが、やはりつくりがしっかりしているなと感じます。
類似のおもちゃよりも若干値段は高い場合が多いですが、それでも壊れずに長く遊べることを考えると絶対オススメです。
小さな男の子ならではの、手荒な扱いでも特に割れたりすることはありません。(もちろん程度によるとは思いますが。)

これまでヒーローもののおもちゃなども買い与えましたが、遊べる期間は圧倒的にこういった知育玩具の方が長いなと感じています。
年月という点でもそうですし、1回に遊ぶ時間自体も長く、じっくり集中して遊べます。

余談ですが、わが家ではくみくみスロープに限り、毎回おもちゃ箱に戻さなくてもいいルールにしています。
せっかく作ったコースを毎回分解させるより、次の日にまたそこから発展させてあげたほうがいいかなと思うので。置きっ放しにしても、さほどスペースはとりませんよ。

息子は今小学生になりましたが、このおもちゃだけは今も飽きずに使っています。
コースの組み換えも慣れたもので、よく考えたなぁと思うようなコースをささっと作っています。

また、小学生になってからは、自分で家にあるもの(ダンボールや本やものさしや洗濯ばさみなど)を上手に使ってオリジナルのコースへと延長させ始めました。
大きくなったら、ビー玉がコロコロ転がる装置について勉強できる大学にいくのだと張り切っています。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-おすすめ知育玩具
-, ,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.