おすすめ知育玩具

木製の知育玩具ならトレインカースロープ (クネクネバーン)

更新日:


ベック トレインカースロープ (クネクネバーン)
値段:12,490円

おすすめの年齢:0歳〜

木製の知育玩具といえば、積木を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、スロープトイと言われている知育玩具も大人気なんです。

私がおすすめするのは、ドイツのベックというメーカーさんの、トレインカーです。

同じような形のスロープカーは、もっと安い価格帯でも販売されている商品をたくさん見かけます。

他社メーカーさんと比べると、価格も倍以上になりますが、せっかく購入するなら、クネクネバーンです。

その理由は、まずスロープの長さにあります。

他社メーカーさんのものは安いですが、スロープの長さが短くなっているので、せっかく、カーを走らせてみても、すぐに着地点に到達してしまいます。

なぜ、スロープが長い方がいいのか?

それは、遊べる対象年齢が、0歳児からだからです。

こちらは、1か月の赤ちゃんでも遊べることができるんです。

自分では、走らせることができない赤ちゃんがどうやって遊ぶのかというと、スロープを走っていくカ—の音を聞いているんです。

カーを走らせてみると、

「シャー」

折り返し

「シャー」

折り返し

「シャー」

と定期的な音が聞こえてきます。

まだ何もできない赤ちゃんは、この心地いい音を聞いて遊んでいます。

私たち大人が聞くと、そんなに早い音には聞こえません。

しかし、赤ちゃんたちには、とても速い速度に聞こえています。

なので、スロープの長さが短かすぎると、赤ちゃんが聞いたときには、すぐに終わってしまうんです。

心地よさを感じるどころではありません。

赤ちゃんが成長するにつれて、遊び方も変わっていきます。

動くものに興味を示すようになると、今度は目で追って遊ぶようになります。

この時も、やはり少しでも長く目で追える時間があった方がいいので、スロープの長さが重要になります。

クネクネバーンは、とてもシンプルなおもちゃですが、何がそんなに楽しいの?

と聞きたくなるくらい、集中してずっと遊んでいます。

しかし、実際に大人が遊んでみてると、その理由が分かります。

すごく楽しい!

すごく刺激がある!

そんな、おもちゃではありませんでした。

しかし、スロープを走るカーの定期的なリズムや動きが、すごく心地よくなってきます。

難しいことを考えずに、シンプルに遊べることが、なんだか楽しく感じるんです。

勉強をしている子供たちが、なんだか疲れたな〜と感じたときに、すっと手を伸ばしてシンプルに遊ぶことで、気分転換にも繋がります。

こちらは、幼児期だけじゃなく、生涯ずっと遊べるおもちゃです。


ベック トレインカースロープ (クネクネバーン)

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-おすすめ知育玩具
-, ,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2018 All Rights Reserved.