フラッシュカードの子供向け無料アプリがあると、家の中でも外でも楽しめますよね。
子供が楽しみながら学べるツールの存在は貴重なものです。
そこで、数系と文字系の2つの視点から、フラッシュカードの無料アプリをいくつかご紹介しましょう。

数・計算のフラッシュカード無料アプリ

まず、数・計算のフラッシュカード無料アプリをご紹介します。
多々ある中から、2つのフラッシュカード無料アプリを選んでみました。

・0から10まで数字ベビーゲーム
赤ちゃんや幼児向けですが、英語版になります。
音声を下げて、親が数字の部分を日本語で発声するのはいかがでしょうか。

公式サイト

・子供のための数学の練習フラッシュ カード
筆算形式で表示される点を考慮する必要があるかもしれません。
しかし、回答は4択ですし、一桁同士の計算からできるので、取り組み安いのではないでしょうか。

公式サイト

ひらがな・カタカナのフラッシュカード無料アプリ

次に、ひらがな・カタカナのフラッシュカード無料アプリをご紹介しましょう。
たくさんある中から、2つのフラッシュカード無料アプリを選んでみたのです。

・ひらがなとカタカナ。未就学児向けかなのフラッシュカード
乳児期から幼児期にかけての未就園児向けに設定されています。
反復練習をして暗記できるような流れなので、楽しみながら覚えていけるのではないでしょうか。
公式サイト

・漢字フラッシュカード 知育アプリ(赤ちゃん、幼児、子供向け)
ひらがなやカタカナをある程度、覚えてきた幼い子供向けのアプリです。
様々な漢字が設定されており、音声もついているので、子供が興味を抱きやすいのではないでしょうか。 
公式サイト

まとめ

乳児、幼児、小学生と子供には様々な年齢や発達段階がありますよね。
それぞれの時期に合うフラッシュカードの無料アプリを、上手に活用するのはいかがでしょうか。
家の中でも外でも、子供の気持ちが向いた時に、フラッシュカードの無料アプリなら、いつでも取り組むことができるのです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。