子供におすすめの知育玩具

脳科学からうまれた あなぽこえほん のりもの (音のでる知育絵本)

値段:1550(税別)
おすすめの年齢:0,1,2歳

あなぽこえほん のりもののおすすめポイント

あなぽこえほん のりものはいろんな乗り物の絵本です。

消防車やパトカーや車などの絵が描いてある横に、10個のカラフルな配色の穴が10個あります。

色だけでなく、指触りもザラザラしていたり、ぷつぷつしていたりします。

カラフルな配色と指触りが、赤ちゃんの視覚や触覚を刺激します。

そのボタンを押すと、乗り物の音10種類と楽しい効果音が10種類 鳴ります。

そして リズミカルな手遊び歌もあるので、赤ちゃんの聴覚を刺激します。

シャッフルボタンも付いているので、押すたびに音の場所が変わります。

赤ちゃんの好奇心を刺激します。

あなぽこえほん のりもので遊んでいるときの体験談

0歳の時は、絵本を読んでもまだ分かっておらず、凹型のあなぽこボタンを押す事ぐらいしか出来なかったけど、音が鳴るたびに、喜んでいた。

手遊び歌も付いてるので、歌いながら手や指を動かしたり触れたりするので、ちょっとした時間でもコミュニケーションが取れました。

手遊び歌と一緒に、私も歌いながらグーチョキパーして手を開いたり閉じたりしていたら、一生懸命 自分でもやろうとする姿がありました。

シャッフルボタンを押すと、音の配置が変わるので、さっきと違う音が鳴って驚いたり、喜んだりする姿もありました。

手遊び歌が鳴ってても、ボタン押すと乗り物音から効果音に変わり、その効果音が面白かったのか、手遊び歌が止まると、すぐにまた手遊び歌を鳴らして、いろんな効果音を楽しんでいました。

絵本の内容が分かって来たら、開いてるページの乗り物の音を一生懸命 探すようになりました。

音の配置が、記憶に残りはじめたら、シャッフルボタンを押して、配置を変え、また1から絵本に書かれてる乗り物の音を探してました。

手遊び歌も、分かるようになったら、一緒に歌いながら手遊びをしたりしてます。

脳科学からうまれた あなぽこえほん のりもの (音のでる知育絵本)

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。