2歳前後になると、ぬり絵やお絵かきが楽しめるようになってきますよね。
そこで気になるのが机や椅子。みなさんリビングやダイニングのテーブルを使っていると思いますが、2歳児の体型に合った机と椅子を用意してあげると集中力がつきますよ。

幼児用の机と椅子

リビングやダイニングのテーブルと椅子は大人向きの高さになっており、たいてい2歳児には大きすぎるものです。
机と椅子の間に隙間が出来たり、高さが合わなかったりすると使っているうちに疲れてきてしまいますよ。

子どもが長い時間集中して絵を描いてくれないのは、こんなところに原因があるかもしれませんね。
2歳児の体形に合わせた机と椅子を使い、無理のない楽な姿勢と取らせてあげると、長い間集中して作業が出来るようになります。

2歳向けの机と椅子を用意するメリット

2歳児に机と椅子を用意してあげるメリットは、他にもいろいろあります。

まず、2歳児が無理なく使える高さの机と、足が地面にきちんとつく椅子に座ることで、背筋がピンと伸び机に向かう時も背中が丸くならないこと。
2歳くらいの幼児期にきちんとした机と椅子を使い、背筋を伸ばす習慣をつけていると、小学生になっても猫背になることはありません。
正しい姿勢は集中力を生む学習習慣の基本、ぜひ習慣づけてあげたいですね。

また、自分のワークスペースを確保することで、お絵かきや工作に集中することが出来ます。
リビングに、子どものお絵かきグッズが散らばらないのも嬉しいですね。
自分の文房具がきちんとしまえる引出し付きの机を選ぶと、お片付け習慣もつけることができますからおすすめです。

だんだんとお絵かきに興味が出てくる2歳前後。
正しい姿勢で集中して作業することを覚えさせるためにも、幼児専用の机と椅子を用意してみてはいかがでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。