おすすめ知育玩具

くみくみスロープで遊んでいる口コミ

更新日:


NEW くみくみスロープ (リニューアル)

値段:4536
おすすめの年齢:5才

くみくみスロープのおすすめポイント

筒や坂道など、様々なアイテムを組み立て、最終的にはボールを転がして遊ぶおもちゃです。アイテムはたくさん種類があるので、転がしたときにボールがいろいろな動きをして見ていて飽きません。

小さく簡単な物からすべてのアイテムを使った大きいものまで、組立例があるのでそれに沿って組み立てることもできますし、自分のオリジナルを作ることもできます。

大人が組み立てて、転がるボールを見るだけでも、未就学児は充分に楽しめます。ただし、ボールを飲み込まないように気を付けてください。小学生になってからは、作る喜びも味わうことができ、大人顔負けの作品が仕上がったりします。

くみくみスロープで遊んでいるときの体験談

その玩具で遊び始めたのは4歳頃だったので、自分で組み立てることができず、大人が組み立ててあげました。自分でボールを転がして、終わるとまた転がして、何度も何度も繰り返しボールが転がるのを見ていました。

毎日遊び終わると、私がバラして箱にしまっておくので、次の日には、組立例を持ってきて、次から次へといろいろなもの作るようにせがまれました。そして、いつも決まって最後は一番大きいものを頼まれます。大きいものは組み立てるにも時間がかかるので、待ちきれずに途中で転がしてきたりします。

やっと仕上がると、延々とボールを転がして遊びます。いくつものボールを一気に転がしたり、一つずつ順番に転がしたり、私にも半分ボールを渡して、二人で交互に転がしたり、同じルートを転がすにもいろいろな転がし方で遊んでいました。

だんだん大きくなると、自分でも組み立てようとするようになりました。ボールは高いほうから低い方へ転がりますが、最初はその原理がわからず上手に作ることができませんでした。

しかし、だんだんとその仕組みがわかってくると、じっくり考え、試しにボールを転がしたりしながら、大人の助けを借りずに熱心に組み立てるようになりました。

小学校も中学年になると、その玩具を自分で出してきて遊ぶことはほとんどなくなりましたが、近所の小さい子が来ると、必ずこの玩具で遊びました。始めはその子のために組み立ててあげているのに、だんだんと自分が真剣になってしまうことも多々ありました。

NEW くみくみスロープ (リニューアル)

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-おすすめ知育玩具
-,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.