幼児教育コラム

逆上がりの練習のコツと教え方を紹介

更新日:

子供が成長するにつれて、いろいろなことに挑戦するようになります。
逆上がりは、練習を重ねないと習得することが難しいです。
逆上がりが出来るようになるには、どのような練習と教え方をしたら良いのか悩むみますよね。

そこで、今回は逆上がりの練習のコツと教え方を紹介します。

逆上がりの練習のコツ

逆上がりが出来るようになるには、基本をしっかり踏まえて練習を行わないといけません。
逆上がりの練習を行うにあたって、練習するコツがあります。
しっかり基礎を抑えることが必要になってきます。

1、腕を鉄棒に引き付けることが出来るように、鉄棒にぶら下がって腕の筋力を鍛えます。
2、身体を斜め懸垂するようにして、身体を鉄棒に引き付ける姿勢で我慢してもらいます。
3、足抜きを行って、足を上げる練習をしましょう。

4、親が振り上げ足側に立って、片手で腰を支えてもう1つの手で足の太ももを押しましょう。
5、少しずつ足が上がってくるようになったら、子供自身で足を上げる練習をしましょう。

逆上がりの練習のコツは、腕の筋力が大切になってきます。
基礎からきちんと練習を行うと、上達が早くなります。
子供と一緒に、逆上がりが出来るように頑張って下さいね。

逆上がりの教え方のコツ

逆上がりの練習には、教え方が大切になってきます。
・お腹を鉄棒に引き付けるようにすることが大切であると教えましょう。
また、足を振り上げた時に腕が伸びないように注意するように教えてあげましょう。

・振り上げた足は、頭の上に向かってあげるように意識する。
お腹を鉄棒に付けようと意識しすぎないようにすることがコツです。

・鉄棒に足が乗ったら、足を下ろしながら手首を返すことを忘れないようにしましょう。
スムーズに手首が返せるようになると、逆上がりが出来るようになります。

教え方は、子供が理解することがでで出来るように教えてあげて下さいね。
コツを掴むことが出来ると、逆上がりが出来るまであっという間です。
ゆっくりと、子供に無理をさせないようにして、教えてあげて下さいね。

まとめ

子供の逆上がりの練習は、基礎をきちんと行わなければいけません。
初めに、正しい逆上がりの行い方を習得させてあげて下さいね。
そうすると、練習を重ねるうえで、逆上がりが出来るようになります。

初めの練習のコツと教え方が上達の大きな鍵となると言えます。
子供と一緒に頑張って下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク

七田と家庭保育園の良いとこどりのカリキュラムで平均IQ140に!

七田よりも教室が広く、親への「子供への正しい接し方」もあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー

難関中学受験を目指す家庭が多く通う教室。

無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする右脳教育レッスン。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験可能。

月刊ポピー

月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、小学校の先取り学習にも最適です。

-幼児教育コラム
-,

Copyright© 七田チャイルド体験記 , 2017 All Rights Reserved.