Minecraft: PlayStation Vita Edition – PS Vita
値段:3800円(ソフト代)
おすすめの年齢:7歳以降くらいから

オススメしたいのは、ゲームソフトなのですが、現在大人気中のゲームソフト、マインクラフトです。

ゲームソフトと言えば、親からすれば勉強する為には邪魔になる物と考えがちなのですが、このソフトは違います。

色々なブロックがあり、組み立てて行く事が基本なのですが、ブロックの種類がものすごく豊富で、様々な色、形、特性があり自分自身の創造性が発達します。
言うなれば、LEGOでは表現できない、個人個人の最大限の表現をする事ができるブロック玩具です。

更に自分で作った家や建造物に住みながら、モンスターの出現など、冒険要素を追加しており、飽きずに創造性を養う事が出来ます。

私の子供も、世間で人気のゲームソフトと言うこともあり、7歳のクリスマスにプレゼントしました。
最初は、ゲームなんてあげても良いんだろうか?
勉強の弊害にならないだろうか?
外で遊ばない子になってしまうんでは無いだろうか?
と心配はつきませんでした。

ですが、自分の描きたい世界をどんどん創造し始め、最初は訳のわからないものばかりでしたが、ある時から、見覚えのある物をつくれるようになりました。

例えば、国会議事堂を作ったり、
五重塔を作ったりと。

私は、なぜこの建物を知っているのかと聞いたところ
7歳の子供は、ニュースで見てどう言ったものかを調べて、かっこよかったから作ったと言いました。

更にビックリしたのは、この国会議事堂で誰がどのように何をしていると言うことも調べたようで、
建築物から関連する情報までも調べる癖がついてくれました。

私も、子供と一緒にやってみようと思い、
恥ずかしながらゲームを始めてみましたが、
納得です。すごく想像どうりに表現をすることが出来ます。正直今までのリアルなブロックより頭を使い、
遊ぶ事が出来ると感じます。

子供達が大人になるにつれ、人類はもっと進歩して行くことも十分考えられるのですが、
このゲームソフトを通じ、未来に向かっての想像力を鍛えていける素晴らしい玩具と感じています。

又、最近は絵を描くことに興味を持ち出しているのですが、以前までは幼い絵ばかり描いていた子供が、リアルな絵を描くようになってきており、この部分に関しても効果が出ていると思います。

世間一般で言う知育玩具と言うのは、もっと手で触ったりと言ったものだとは思いますが、頭の中身の独創性や創造性を鍛えるのであれば、是非お子様にさせてあげて貰えれば効果を感じていただけると思います。

どんどん想像豊かに、平和で、夢の未来を築ける大人になってほしいものですね。


Minecraft: PlayStation Vita Edition – PS Vita

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。