ドッツカードを手作りする方法を知っていれば、自分の子供に合わせたものにアレンジしやすいですよね。
カードのフラッシュ遊びを通しての学習ですから、子供の興味や関心を引き出しやすいため、是非とも使いこなしたいものです。
そのためにも、ドッツカードを手作りすることについて、2つのポイントをご紹介しましょう。

カードの用紙はちょっと大きめで親が持ちやすいA5サイズ

ドッツカードを家庭用に手作りする場合、普通のトランプやカルタのような小さいものは向きません。
また、複数の子供を相手にする塾や園等で使用されやすいA4サイズは大きすぎるかもしれないですね。
そこで、親が手に持って子供に見せやすいA5サイズくらいはいかがでしょうか。

A5サイズのドッツカードなら、中身のドッツも子供に見せやすい大きさで手作りしやすいですよね。
また、実際の活動はもちろん、出したり片付けたりするのも手間いらずの大きさではないでしょうか。

ドッツ部分の色は子供の好みに合わせる

ドッツカードを手作りする場合、中身のドッツ部分に使用する色は子供の好みに合わせて自由に決めましょう。
つまり、赤や青にこだわる必要はなく、ピンクでも緑でもオレンジでも茶色でも…子供が興味を示す色が一番です。

もちろん、ドッツシールを利用しても良いですし、マジックやペン等で手書きの丸印でも構いません。
また、果物や野菜、車等のシールを活用するのも良いですし、ネット上で無料配布されてある素材を印刷して使うのも良いでしょう。

ドッツカードを手作りすることによって、自分の子供の好みにぴったりの世界で1つのものを作れるのが素敵ですよね。

まとめ

ドッツカードを家庭用に手作りするならば、親がフラッシュさせやすいA5サイズの用紙を使うようにしましょう。
また、中身のドッツ部分に使う色は、子供の好みに合わせた色で良いのです。
もちろん、市販のシールやネット上の無料配布素材を使うのも良いですね。

ドッツカードの手作り方法は、A5サイズの用紙を準備して、中身のドッツを描くだけというシンプルなものです。
しかし、世界でたった1つしかない自分の子供にぴったりのカードになりますから、子供も喜ぶのではないでしょうか。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。