子供におすすめの知育玩具

それいけ!アンパンマン ・ かるた

値段:1000円程度
おすすめの年齢:2歳から

かるた(セイカのかるた アンパンマン)のおすすめポイント

大好きなアンパンマンのおもちゃなのでそれだけで子供のお気に入りです。
はじめは親が読んであげて子供に札を取らせる普通の遊び方が出来ますし、4歳になった今では一人の子供が字札を読むことで音読の練習になっています。

アンパンマンのキャラクターものという事で、アンパンマンのDVDは見なくなった(3歳から興味がアンパンマンから戦隊モノやドラえもんにシフトした)4歳児は興味を失うかと心配したけれど新しいかるたを買っていないのでいまだにアンパンマンのかるたで遊んでくれます。キャラクターの名前は完璧に記憶に残っているようです。

かるた(セイカのかるた アンパンマン)で遊んでいるときの体験談

双子の男の子が居ます。「かるたしよう!」と長男の方から誘ってくることが多く、かるた大好きな長男は次男よりもかるたを取るのが得意です。

次男は手加減するように言ってきますが、大人は手加減しても長男は遠慮なしなのでいつも取れる枚数が少なくてかわいそうでした。
次男の見ている方向の絵札を読むようにしたりして二人に差がつきすぎないように調整していましたが、それでも毎回長男の方が多く取りました。
それでも次男はたまに取ることができると非常に喜んでいました。

繰り返し遊ぶと大人は字札の文章を覚えるので、字札を見ずに残っている絵札を見て読んでいました。
字札を見なくてもいいので、家事をしながらでもかるた遊びの相手が出来て便利でした。

また、かるたは札を撮り終わった後は札を数えることで数字の練習にもなるが良いと思います。

4歳になってからは長男が字札を読み始めました。この場合も札を取るのが次男だけでは不満なようで親も参戦させられますが、長男はおしゃべりが苦手で会話中に思いが伝わらないことが多くてぐずるので、日本語の練習になればと思い出来るだけ読ませています。

途中で詰まったり読み間違えても親は字札の文章を完璧に暗記しているので札を見なくても訂正することが出来ます。
かるたを今子供が好きな戦隊ものなどに買い替えると、字札を覚えなおしになるので、もうしばらくアンパンマンかるたを使い続けて欲しいと思っています。

→それいけ!アンパンマン ・ かるたはこちら

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。


子供の賢さは、小学生からでは遅く、6歳までの幼児教育の有無によります。

幼児期に頭を賢くする幼児教室・通信教育リスト

1:あの七田式より良いと人気!平均IQ140のベビーパーク



七田と同じフラッシュカードの他に、緻密性や運動力を高めるレッスンをしています。

七田よりも教室が広く、親への「子供とどう接したらよいか」というコーチングもあるのが特徴。

WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



キッズアカデミーでは、無意味な詰め込み教育ではなく、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンを体験できます



3:月刊ポピー



月刊ポピーは月980円と圧倒的に安く、無駄な付録を省いたプリント教材です。

教科書の内容に準拠しており、先取り学習もできます。